JointApps

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース

【ディクメンを探せ!】「この先、世の中で必要とされていることってなんだろう?」そんな視点を持てる子に。

2015.11.11

◆子どもに仕事の選び方について聞かれたら・・・。

―そう聞いて、なにかアドバイスはされましたか?
特にはしませんでした。
そうやってやりたいことがあるというのはとても良いことだと思ったので。
もし本気で話すとしたら、仕事を選ぶ上で一番いいのは、
市場が拡大局面にある業界、業種を選ぶことだと思います。
私はネット業界にいますが、いま9歳の息子が働くであろう十数年後にネット業界がいまの勢いのまま拡大しているかと聞かれれば、ちょっとわからないです。

ただ、「ネットの中でネットの中の人を相手にする商売というよりは、IT化、ネット化が
遅れている業界にネットをもちこむ商売は拡大していくだろう」とは考えています。
実際、弊社も飲食業界にITの技術を持ち込むことで、
多くのお客様(=お店の経営者)からご支持をいただいています。
私自身は、あと20年くらいは仕事をするつもりなのですが、
「ネット化が進んでいないところをネット化」していこうとすると、
いまのネット業界とは別のところに身を置くことになるだろうし、
そうありたいと考えています。
これから先、子どもに職業の選択についての話をするときが来たら、
そういうことは言うとおもいますね。

―お子さんに「何になりたいか?」ではなく、
「必要とされるには?」という考え方を理解させることになります。
確かにちょっと難しいかもしれません。この考え方はマーケティング的に言うと、
いわゆるプロダクトアウトではなくマーケットインですよね。
そう考えるのは、私が経営側の仕事をしてきたから、というのもあるし、
今の会社に入る前の転職活動で磨かれた、というのもあるでしょうね。

なにせ毎日毎日たくさんの人にお会いしましたから・・・。
おそらく100人は超えたと思います。
転職活動期間中は、自分がどこに行けば活きるのかずっと考えていました。
そういう経験から生まれた思いなので、子どもにも是非伝えたいです。
ただ、もちろん、本人に「これになりたい!!!」という
強い意志があるのであれば全力で応援しますよ! 
あくまでそういうものがないときのマーケットイン発想です。

yoshi002

株式会社トレタ取締役 COO 吉田健吾さん

    ↓次のページでは、プログラミング教育に関してもお話を伺いました。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP