JointApps

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース

2014年7月

横浜システム工学院専門学校で、JointAppsを授業に取り入れてくださいました。

2014.7.8

こんにちは。JointApps事務局です。

本日は、情報システム科の授業に、JointAppsを取り入れられている横浜システム工学院専門学校(https://www.yca.ac.jp/)さんにお邪魔して、授業の様子などお話を伺ってきました。
IMG_0922

まずは今回、情報システム科の授業にJointAppsを採用してくださった、山口弘展先生にお話を伺いました。
IMG_0903

【JA】
「どのようなきっかけでJointAppsを授業に採用いただいたのでしょうか?」

【山口先生】
「情報システム科の学生は、1年時から資格取得などを目指しJAVAなどのプログラムを学んでいきます。
ただ、高校を出ていきなり専門学校に入りプログラムを学ぶ学生も多く、コードを打つ前に、企画から開発までを短期間に経験できるものを探しておりました。
そんな折に、JointAppsの存在を知り、無料ということもあり、今年の1月から導入を検討し、まずは1年生の最後に、企画から制作、発表までをグループワークで行ってみようということで、使ってみました。」

【JA】
「ありがとうございます。実際に授業に取り入れてみていかがでしたか?」

【山口先生】
「これからの時代、プログラマは企画をするスキルや、“ものづくりとは?”をしっかり理解していることが大切になります。その点でJointAppsは、ロジックの部分で考え、それをすぐに形にできることで、そうした素養を身に着けるのにとても良いですね。
プログラムを打って実際に作らせると、学生のスキルの差もあり、ここまで短期間で発表まで持って行けることは中々難しい面もありますが、今回授業でのとりくみの成果を、校内で発表できたことは、JointAppsを取り入れてよかったと思えた点です。」

【JA】
「活用いただきありがとうございます。今後こんなことをJointAppsでしてみたい!ということは何かございますか?」

【山口先生】
「来年度は、1年生の授業の中で、JointAppsを取り入れていければと考えています。
またこれから専門学校に入学を検討してくださっている高校生向けのオープンキャンパスなどで、JointAppsを使った“アプリ制作体験授業”などを開催できればと思っています。」

【JA】
「ぜひ!どんどんご活用ください!」

また、今回はグループワークで、「間違いさがし」アプリを作成したグループの皆様にもインタビューさせていただきました。

[中水流 歩香さん]
IMG_0904
「私はアプリに使う素材を集める係でしたが自分で選んだ素材を登録して使え、オリジナルのアプリを作ることが出来る事がすごいと思いました。」

[森 郁弥さん]
IMG_0906

「自分で考えたロジックを実行できてとても楽しかったです。もっと色々なことが出来るツールになったらいいなと思います。」

[澤田 賢汰さん]
IMG_0908
「最初は、先生のレクチャーを受けながら1~2個、簡単なアプリを作って、そこからグループワークでアプリの企画から実装まで行いました。
できることが制限されている分、その中でどう企画を形にするか?はとても刺激になりました。」

[中嶋 瑞貴さん]
IMG_0909
今回グループでゲームを作ろうと思い、ブロックを考えたところ、複雑なゲームは作れないことがわかりました。
ならば、ボタンや画面の移動、タイマーを駆使すれば、間違え探しゲームアプリなら作れそう。とグループで判断し、企画から開発をしてみました。
透明ボタンなどをうまく使ってイメージ通りのアプリが再現できたと思います。

[井上 宗之さん]
IMG_0910
作り方やブロックの構造でわからない時は、ヘルプを見るなどして調べて、グループワークを進めました。プログラミングをしないので簡単ですし、ロジックを学ぶにはとても良いと思いました。

[望月 一巨さん]
IMG_0911
条件分岐が設定できないので、今回のようなアプリを作る際にはページ数が多くなりすぎるので大変でしたが、作るのは簡単でした。
今後はグループで制作する際に、複数のメンバーが分担して1つのデータを扱えるモードなどがあるととてもいいなと思いました。

なんと彼らが作ったアプリのページ数は、50ページを超えるものでした。

まさに大作!
IMG_0920

インタビューに答えてくださった学生のみなさんのほとんどが、「プログラムのロジックを学ぶのにとても良かった」と答えてくださいました。
現在はみなさん、プログラムを打ってアプリを作っているそうです。

社会に出て活躍されるエンジニアの卵たちに“JointApps”が何かのきっかけになればと思っています。
みなさんプログラムの勉強頑張ってくださいね!ありがとうございました!

(取材/写真 JointApps事務局 石川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

PAGE TOP