JointApps

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース

2015年5月

【「ディクメンをさがせ!!」】プログラミングは学び?遊び?  問われているのは、われわれ親のとらえ方。 

2015.5.27

「デジタルと子供をどう向き合わせていくべきか?」
これは、子を持つ親はもちろん、
現代を生きるすべての大人が考えるべきテーマのひとつでしょう。

デジタル社会の先端をいく企業にお勤めの現役パパさんが、
ご自身のお子さんとデジタルなものにどうむきあっているのか?
根掘り葉掘り聞いてみる「デジタルイクメン=ディクメン」を探す
本ブログ「ディクメンをさがせ!!」

第3回はITジャーナリストの風穴江さんです。

kaza01ITジャーナリスト 風穴江さん

―今のお仕事について教えてください。

サイボウズ株式会社が運営する「tech@サイボウズ式」の編集者であり、
フリーランスのtechジャーナリストです。
1990年に「月刊スーパーアスキー」の編集に参加させていただいて以来、
一貫してtech系メディアに携わってきました。

また「主夫」としてひとり息子が2歳のときから子育てをしてきました。
だから私はいわゆる「イクメン」ではないんです(笑)。

―お父さんからみて、どんなお子さんですか?

田舎というか、郊外に住む普通の男の子だとおもいます。
いま小学6年生なのですが、とにかくサッカー漬けの毎日を送っていますね。

―習い事はサッカーのみですか?

そうですね。幼稚園の年長のころからはじめたのでもう7年になります。
それ以外のいわゆる「習いごと」は、やってません。
本当にサッカーだけでいっぱいいっぱいです。

ただ、4年生になったとき、学校のクラブ活動でパソコンクラブに入りまして。
それ以来、ちょいちょいパソコンについては教えるというか、何か聞かれれば
アドバイスをするにようにはなっています。
実はそのパソコンクラブ、学校ボランティアの活動で、私が手伝っているのですが(笑)。

―風穴さんのお子さんだけに、サッカーに一生懸命な中でも、
 「tech」なものへの興味はもっていたのでしょうか??

どうでしょうかね・・・。
ただ、息子が小さい時からずーっと、日常の中でデジタルな何かに触れたときに、
何かしらの「問いかけ」をするようにはしていました。
ですので、そういうコミュニケーションの中でいわゆるtechなもの、デジタルなものに興味を持っていったのではないかと思います。

たとえば、テレビの天気予報で、天気がうつりかわるアニメーションが出れば、

「あれはどうやって作っていると思う?」とか、

電車に乗るときに券売機で切符を買ったら、
「これはどういう仕組みで切符が出てくるんだと思う?」などといった
投げかけをするんです。すると、彼なりに一生懸命考えて答えてくる。

こちらも「なにを動かすにもプログラミングというものが必要でね・・・」という
話をすることになる。

それで、5年生のときにスクラッチのワークショップに一度だけ参加させてみました。
それ以来、家でもちょいちょいスクラッチで何か作っていますよ。

kaza02

次ページではプログラミング教育に関して風穴さんの深いご意見が! 
              
↓2をクリック↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

PAGE TOP